●小野算数塾 ●対象学年 ▶ 小学4年生 小学5年生 小学6年生 中学生応相談 ●成城学園前教室 ▶ 小田急成城学園前駅徒歩10分

小野算数塾ロゴ 少人数一斉授業 1:1完全個別 無料体験授業 無料受験相談

お問い合わせ cantor8888@gmail.com 03-6411-1059 ぶじいい学校とう然ごうかく

祝・合格!

※【合格実績について】当塾の合格実績は入塾いただいて継続的に通塾いただいた方のみ掲載しております。講習会生や学力診断テスト受験生、そして志望校特訓のみ参加生など一切含まれておりません。

※【ご注意1】当塾の合格実績は、いわゆる「塾の合格実績のための受験指導」によるものはございません。たとえば、ちょっと考えてみれば、実質競争倍率3倍であれば、大手塾の200名の合格者に対して、同じ大手塾の400名の不合格者という人柱で支えられていることになります。塾生数が多ければ多いほどそういうことになります。そうしたことは大っぴらになりにくい事です。それは、不合格の方は、「不合格になった事実」は公言しにくいからです。そういった観点をお持ちいただけたら何かが見えてくることかと思います。

※【ご注意2】当塾で出てくる偏差値の話は、四谷大塚とサピックスの首都圏上位層を母集団とする模擬テストでの数値です。母集団のレベルが下がる他の模擬テストやローカルな塾内テストでの話ではありません。また、ごく一部の受験生だけの話でもありません。偏差値アップの話は、データ元や一部の受験生の話だけでないのかを気を付けて見られた方がよいと思います。

※【すでに偏差値が60以上ある場合】偏差値60以上では、当然偏差値の天井があります。こうした受験生の課題は「入試問題に太刀打ちできるかどうか」ということになります。そうした場合にも、当塾に通えば2倍3倍の得点を取るというステージの指導を実施し、実際に成果を出しています。そうした実力アップもあることを知ってください。

体験記

「一度あきらめた開成合格の夢を、小野先生に
   出会えて本当にかなえることができた!」

坪山幸太郎さん

キタガワコウセイくん

開成 鹿児島ラ・サール 他合格

 僕が小野算数塾に入ったのは、6年生の4月でした。その頃、僕は算数のスランプに陥っていました。前からケアレスミスの多さは気になってはいたのですが、得意科目の国語でカバーできており、それまでずっと行っていた大手塾でもそれなりに出来ていたため見過ごしていました。

 しかし、(塾の)6年生のはじめごろに急に算数の成績が下がり、国語でもカバーしきれなくなってしまいました。第1志望であった開成もあきらめざるをえないような状況でした。

 そんな時、小野先生のうわさを聞いて算数の状態をみてもらったところ、「計算ミス」「ケアレスミス」「解法の汚さ」など『基礎基本』が成っていないということでした。

 その後、小野先生のおっしゃる通り『基礎基本』をもう一度固めていくと、算数の偏差値が17も上がり夏ごろには開成も夢でなくなってきました。その後、ずっと通い続けるうちに勉強だけではなく、受験直前期、当日の過ごし方や心を落ち着かせる方法などまで、さまざまなアドバイスも頂きました。

 そして、その通り受験をし、開成に合格することができました。小野先生に教えていただいたおかげだと思います。先生は算数だけではない、真のプロ講師だと思います。

「算数が苦手だった私が偏差値70の学校の
   過去問で合格者平均を取れるまでになった!!!」

坪山幸太郎さん

佐原言味さん

鷗友 國學院久我山ST 他合格

 私は以前から算数が苦手でした。はじめは大手塾に通っていましたが、4年の頃からわからなくなり、ふと気づくと偏差値40ぐらいにまで下がっていました。悩む私を見た父が「面白いメソッドの算数塾があるよ」と小野算数塾を教えてくれました。小野先生は、計算問題など基礎から鍛えなおして、他の人が知らないような解き方や難しい問題も実は簡単に解ける事を教えてくださいました。入試前には、偏差値70の学校の過去問で、なんと算数も合格者平均を超えられるようになりました。きっと小野算数塾で、算数の仕組みや考え方を使って解くという「教え」が良かったのだと思います。それは、あまり時間の取れなかった理科や社会でも役に立ち、問題なく合格ラインを超えることが出来ました。大手塾で、沢山の難しい宿題で毎日が大変だったときは、どんどん成績が下がっていったのに、基本重視の小野メソッドで、難しい入試問題も解けるようになったことに、とても驚いています。途中、大手塾の頃についた癖が抜けず、困ったことも多かったけれど、小野先生と自分を信じて頑張ってこられて本当によかったです。

 算数に困っているみなさん!算数が苦手だった私でもこんなに伸びるので、小野先生に教えてもらってぜひ、第1志望に合格してください!

佐原言味さんのお母さま                                                                                           

佐原言味さんのお母さま

「小野算数塾だけにしたことが、合格の決め手!
   小野算数塾には、合格できるメソッドがある!」

 娘は小3から大手塾に通い、上位クラスにおりましたが、小4の夏頃から成績が落ち始め下校後、週末と時間を費やしているのに、クラスはどんどん下がる一方でした。今でも手一杯なのに、塾を増やさなければ追いつけないと悩む中、小野算数塾を知りました。娘に必要な学習指導を受けられ、中学受験に本当に必要な力は何か?など納得のいく話を伺い、塾は、小5の春から小野算数塾ひとつに絞りました。それによって、生活習慣や睡眠時間など安定させることへもつながりました。「小野メソッド」は大変理に適っていて、大手塾では省かれがちな基礎基本を徹底して繰り返し、気が付くと無理だと思われた難問も「基礎力」と「考える事」を重視する方法を使って当たり前に解けるようになりました。また、娘の目標に合わせた解説や受験に必要な心構えまで、細やかに指導してくださり「娘の理数苦手!」を克服する助けになりました。しかし、結果的に一番効果的だったのは、すぐに大手塾を辞め、小野算数塾ひとつに絞ったことです。小野先生の指導を素直に信じ、実行したことで他の3教科も無理なく合格ラインを上回り、娘は無事、第1志望校に合格することができました。小野算数塾には、合格するメソッドがあります。

 皆さんも小野先生を信じて第1志望校に合格なさってください!

「先生の言う通りに勉強すれば、
 第1志望に合格できる!」

原武蔵くん

原武蔵くん

芝 他合格

 僕は3年生の2月に小野算数塾に入塾しました。当初僕は算数の色々なことがよく分かっていなくて、先生の質問に対してとんちんかんなことを答えていました。そんなスタートでしたが成績は伸びていきました。しかし、そのうちに分からないことをそのままにしたり、丸暗記したりしていたので成績が伸び悩みとても苦しんだ時期が来たのです。だから受験勉強中のみなさんには、僕のようなことをせず先生の言うことをしっかり聞いて勉強すれば必ずもっと成績が上がるということを伝えたいです。それは次の出来事です。6年の4月に偏差値67も取れるまでになっていたのですが、油断してしまった僕は先生の言う通りに勉強しなくなったため、秋にはその偏差値が60近くまで落ちてしまいました。その頃から危機感を感じ先生の言うことをよく聞くようにしたので最後の模試では偏差値が68になりました。過去問を解き始めると志望校やそれ以上の偏差値がある学校の過去問でも8割9割を取れるようになり、満点を取ることもできるようになりました。(編集者注:いずれも初回に過去問を解いた際の話)先生は僕の苦手だった国語の勉強の仕方も教えてくださりその通りに勉強したところ偏差値が15も上がりました。僕は他の塾には1度も通わず先生の塾だけで第1志望の芝中に合格することができました。先生は勉強の仕方を教えてくださるだけでなく勉強の楽しさも教えてくださいました。だから受験生の皆さんも先生の言う通りに勉強して第1志望の合格を勝ち取ってください!

原武蔵くんのお母さま                                                                                           

「本当の学習法と思考力など、
 様々なことを親子で学び成長した3年間」

 思えば3年前、思い切って小野算数塾にご連絡したのが始まりでした。中学受験を見据え、各大手塾の説明会に足を運んだものの方針が合わず、秋になっても通塾先を決めかねておりました。

 ところが小野算数塾で指導法を伺うと、それまでのもやもやした気持ちが一気に晴れるような感覚がございました。先生のお話は明快かつ痛快で、その場で入塾希望をお伝えしたのを覚えています。

 先生は子どもの特性のみならず、各分野において大変深いご理解と洞察力をお持ちで、誰よりも問題解決への道しるべを的確にご教授くださいました。

 受験までの道のりは決して平坦なものではありませんでした。しかしながら先生のご指導の先には必ず糸口があり、それが子どもの伸びにつながりました。最初は勉強のいろはも分からず頼りなかった愚息も、入試を前に取り組んだ過去問では嘘のように高得点が取れるようになりました。最後の最後に初見の過去問で満点をとった時には本当に驚きました。(※編集者注:満点が取れた過去問は偏差値65程度の学校)

 受験勉強をいかに充実したものにするか、それは中学受験を熟知されている先生のご指導に素直に従い、正しい努力を積み重ねることに他ならないと思います。後輩の皆さまも、小野算数塾で本当の学習法と思考力を身につけ、夢に近づいてみませんか。皆さまの成功をお祈りしています!

「先生が繰り返す言葉のその先に第1志望合格がある」

N・Kさん

麗澤 東京農大 他合格

 私は、5年生の7月から小野算数塾へ通い始めました。その前もその後も、一度も大手塾のお世話になったことはありません。特に算数への苦手意識はなかったのですが、 得意科目であった国語とは取り組み方が大きく違っていたようで、母が『小野先生という、算数のすごい先生がいるから、会いに行ってみようよ。』と先生のもとへ連れて行ってくれたのです。

 小野先生に見てもらい始めると、すぐ私にはいくつかの自己流の解き癖があることがわかりました。先生からは「計算力はあるのだろうけれど、答えを出そうとあてずっぽうで数合わせをしていたりするので、途中式が筆算だらけでバラバラと書いていて、これでは入試本番ではミスが出やすいし見直しもできない。そもそも記述の答案としては採点してもらえるような代物ではない。」とよく言われていました。その癖を直していくのにかなり時間はかかりましたが、6年生の夏休みが終わり、初めて志望校の過去問題を解いた時には、不思議なことに他の科目まで全てが合格者平均をはるかに超えるという状態になっていて、驚きました。

 先生はいつも『基本を日々繰り返し、積み重ねることが大きな力になること』『習慣の力(注:基本動作)のもと解けることがベストであること』など、『当たり前のこと(注:受験での)を当たり前に出来るようにすること』の大切さを繰り返し教えて下さいました。先生から教えて頂いたことは、中学校へ進んでもずっと続けていけることだと思うので、活かしていこうと思います。小野先生、ありがとうございました。

 受験生の皆さん、第1志望校合格は小野先生が繰り返す言葉のその先にありますよ。

N・Kさんのお母さま                                                                                            

「入試本番が終わってから心底わかった。
 全てを想定済みの指導で親子を第1志望合格への道を
   照らしてくださったのだと…」

 娘は『基本を理解すること』に対する関心がやや薄く、『解き方や答えを出すこと』に興味関心の強い娘でした。算数と楽しそうに向き合ってはいたものの、興味の向くまま、好きなように解いている姿をこのまま放っておいてはいけないのではと、小野先生に見て頂きました。

 思春期や反抗期を伴う、一番扱いにくい年頃で、子どもの個性もある中、先生は豊富なご経験で、学力だけでなくメンタル面等でも、上手くご指導下さいました。その指導は全て、様々な角度から入試本番を想定したものとして、日々の授業に織り交ぜて下さっていました。受験生活を振り返るにつけ、あの時の指導はこういうことだったのか、ということばかり。そして何より、悩みを抱える親への声かけやメッセージのタイミングが絶妙で、幾度支えて頂いたことか知れません。

 小野先生は、大変迷いがちな受験生親子の進むべき道を、的確に照らして下さいます。迷うことなく進んで行くことが出来ますので、皆様も先生を信じ、是非!第1志望校合格を掴み取って下さい。

「小野先生は、自分の行きたい学校に
   一歩一歩確実に近づかせてくれる最高の先生です。」

N・Hさん

普連土 他合格

 私は小野算数塾に5年生の時から通い始めました。それまで通信教育をやっていて分からないと思っていてもちゃんと理解せずに進んでいました。しかし、小野先生に教えてもらうと苦手分野が明らかになり、今、自分が何をすべきかがわかるようになりました。例えば、分数計算の約分忘れが無いか見直しする、小野算数塾に入る前の4年生の基本をしっかりと理解し直す事などでした。冬期講習の時には、自分の受験する学校より偏差値が10も20も上の学校の問題までもが解けるようになり、実力がついていると確信しました。また算数だけでなく、社会や理科はもちろん受験に関するアドバイスもしっかり教えてくださいました。

 私は緊張するタイプで模試では力が出ないことがあったのですが、とことん鍛えてくださったおかげで、本番は緊張することなく目の前のことに集中できました。第1志望校の試験が終わったとき、受かるかどうか心配でしたが、先生と一緒に積み上げてきたことが支えとなり、不安な気持ちもいつしか消えていました。そして、無事第1志望に合格し、家族と喜んだ瞬間は今でも忘れられません。

 小野先生は、自分の行きたい学校に一歩一歩確実に近づかせてくれる最高の先生です。

N・Hさんのお母さま                                                                                             

「小野算数塾での受験勉強の体験は長い人生の糧になる」

 私たちは塾に通わず、通信教育で要点を理解しながら親子で受験を乗り切ろうと考えておりました。しかしながら、通信教育による勉強では、個人の弱点をしっかりと把握してくれるわけでもなく、親も受験のプロではないため限界を感じるようになり、塾を探し始めました。ただ理解の伴わない表面的な教育には違和感があり、いわゆる大手塾には通わせたくありませんでした。その時に小野先生の塾に巡り合えました。ノートの書き方から始まり、算数の徹底した理解、その理解をした上での繰り返しの問題、解答、練習と身につけるまでの最短の道筋をつけて下さいました。

 どこに弱点があるか、曖昧な理解のままになっている点はどこか、基礎学習での穴、更には精神的に陥るパターンなど、多くの経験を通してのアドバイスを詳細にメールで、面談で、時には電話で頂き、先生と子供と親の間で連携を取りながら受験に取り組めたのは、大手塾にはない小野先生ならではかと思います。加えて、算数の学力が付いた上で、算数以外の学習方法についてもアドバイスを受け、家庭で安定して取り組めたのも、合格に繋がった要因であると思っております。

 小学生高学年ともなると、身体的にも精神的にも色々と問題が出てきて、心と身体のバランスを取るのが非常に難しく、辛い時期ではありましたが、この身に付いた基礎力や学習を通しての体験は、単に中学入試だけのものではなく、長い人生の糧になるものと信じております。

「解き方の暗記でない、自分の頭で問題を解く力がついた。
   苦手だった分野も、小野算数塾で自信がついた。」

荒木理絵さん

金盛七海さん

東洋英和 東京女学館 他合格

 私は、小学6年生の6月から半年ぐらい小野先生に算数と理科を1対1で教わり、第1志望の学校に合格しました。計算が遅く、ケアレスミスも多かった私でしたが、小学4年生の教材からといったように自分に合ったところから、教えてくださいました。そして、「何で?」という質問にも丁寧に答えてくださいました。また、予習と復習が苦手でしたが、それを習慣づけてくださいました。

 小野先生の授業では、生徒と同じ目線で問題の取り組み方を教えて下さるのでただの解き方の暗記ではなく、自分の頭で問題を解く力がつきました。最初は、こんなに簡単な問題だけをやっていて間に合うのだろうかと思いましたが、解いていくうちに自分の苦手な分野が見つかり、それを穴埋めをしていくうちに自信がついていきました。算数は解けば解いた分だけ成績がついてくる科目であって、受験の中でも一番重要な科目だと思います。

 なので、算数を苦手だと思わないでください!私のように小野先生のご指導によって受験生が、希望の学校に入れることを願っています。

金盛七海さんのお父さま                                                                                           

「大手塾での悩みも小野算数塾だけに絞ったら、
   たった2ヶ月で解決した!」

 私達が小野算数塾にお世話になったのは、娘が小学校6年生になってからでした。娘は5年生から大手の塾に通い始めましたが、大量の宿題をやり切れないことも多く、ただ授業に出るだけになって次第にやる気を失い、親子ともども悩むようになっていました。

 それまでの消化不良の状態から抜け出すため、塾は小野算数塾に絞り、学習方法は小野先生のご指導にできるだけ忠実に従うように心がけました。できなかった問題はもちろん、算数の仕組みを理解させて、繰り返し解くことで基本的な考え方をきちんと身につけさせる小野先生のご指導で、娘は算数に対する苦手意識を次第に克服していきました。そして、2か月後に受けた模試で偏差値が大きく上昇したのには親である私たちも驚きました。また、試験から逆算してどの時期に何をするべきかについても的確にご指示頂いたことで、落ち着いて受験に臨むことができたと思います。

 2月の試験自体はあっという間のでき事でしたが、小野算数塾で身につけた力のおかげで第1志望の中学校から合格を頂きました。

 小野算数塾でご指導いただいたことで娘が得たものは受験スキルだけではなかったと思います。「問題を解く際の着眼点」、更には「学習に取り組む姿勢」は、これからの娘の人生を実りあるものにするためにも役に立つもので、親子ともども小野先生には大変感謝しております。

「小野算数塾だけの私に、友達はびっくり!でも『落ちる気が
   全くしない』までになり、第1志望にあっさり合格できた!」

Y・Oさん

豊島岡女子 合格

 私の受験のイメージは“塾に毎日通い詰めて睡眠時間を削って勉強している”でした。実際友達は、ほぼ毎日大手塾等に通い、寝るのは12時過ぎるということでした。毎晩10時には寝ていた私はとてもびっくりしました。

 しかし、この塾での指導は週一回で済み、有名大手塾に通っている友達を横目に見ながら睡眠時間を十分にとり、「自分に必要な勉強」にだけ集中できました。

 小野先生に教わると問題が驚くほど解けるようになりました。また、友達からよく聞く「あれもこれも」という宿題ではなく、質を重視する勉強法でした。私が「ほとんど塾に行っていない」と言うと多くの友達はびっくりして、ずいぶん心配されました。その反応に不安になりましたが、小野先生を信じてがんばったら、第1志望にあっさり合格することができました。

 今思うと他の教科は教えてもらうよりも、自分でやらないといけない教科ですが、算数・数学は「仕組みの理解」「ベストな解法」が重要な教科(小野先生談)なので、小野先生に教えてもらうことができて本当によかったと思います。

 はじめは基本の基本から全く分かっていなかった私でしたが、入試前には「落ちる気が全くしない」までになりました。人生の大事な時期に小野先生に教えてもらえたことをとても幸運に思います。

「苦手だった算数が得意になり、過去問では常に80点は取れる
   ようになった!」

Tさん

恵泉 他 合格

 私は小野算数塾に行くようになってから、苦手だった算数が前より得意になりました。私は6年生の夏から小野算数塾に通い始めたけれど、年が明ける頃に解き始めた過去問では、常に80点は取れるようになりました。4年生の問題からやりはじめないといけなかった私からするととても嬉しいことでした。最初の頃は偏差値がとても低かったので、「合格できないかも」と心配になったけれど、最後まで小野先生が、簡単な解き方や考え方を熱心に教えてくれたので、入試当日はあまり心配しすぎないで試験にのぞめました。入試が終わった後は、少し心配になったけれど、合格が分かったときはとても嬉しかったです。

 なにより嬉しかったことは、小野算数塾で「勉強の方法」がわかったことです。この方法は「中学に入ってからも使えるな」という方法で、「中学校に入ってからは塾には行かない」と決めていた私からすると、とても頼もしいことでした。さらに、私が学んだことは、受験勉強を通して「最後の最後まであきらめずに、粘り強くがんばれば結果が出せる」ということでした。

 このように、私は小野算数塾での受験勉強を通してたくさんのことを学びました。私は中高一貫校だから、高校受験は無いけれど、ふだんの勉強や大学受験等に役立てることができる方法や、気持ちの持ち方を一度体験することができてよかったと思いました。